来る2019年10月1日、消費税が10%に増税されます。
国が住宅購入におけるさまざまな支援策を打ち出しているのをご存知でしょうか?
住宅購入リフォーム時に活用したい支援制度を解説します。

消費税の増税でどんな影響があるのでしょう?

日常生活でも増税の影響を受けますが、住宅購入という大きな買い物をする場合、
特に受けるインパクトが大きくなります。実際、住宅購入時の影響は・・・
土地には消費税がかかりません。ですが建物には消費税がかかります。

建物価格3000万円の消費税
8%の場合:240万円   10%の場合:300万円
8%と10%では3000万円の建物の場合で、60万円もの差が出てしまいます。
その他に、仲介手数料・引越し・家具・家電購入費なども支払額がアップ・・・。

そこで、国からさまざまな支援策が登場!!
どんな支援制度があるのか、支援を受けるためには条件や期間が設けられているため、 自分のケースは当てはまるのかを確認し、増税後の住宅購入でも余計な支出をしないよう考え、行動しましょう!

消費税10%引き上げに伴う4つの支援策

1.住宅ローン減税の控除期間が3年延長 (建物購入価格の消費税が最大2%分減税)
 10年間だったものが13年間に延長(※減税を受けるための条件があります

2.すまい給付金が最大50万円に。
対象者も拡充(今までは年収510万円以下の方が対象でしたが、775万円以下の方に対象が広がります。)

3.新築最大35万円相当、リフォーム最大30万円相当 次世代住宅ポイント制度
(a.一定の性能を有する住宅【30万ポイント】、b.耐震性のない住宅を建て替える【15万ポイント】
c.家事負担軽減設備の設置【0.9~1.8万ポイント】)
※【ポイントの交換対象商品】「環境」、「安全・安心」、「健康長寿・高齢者対応」、「子育て支援、働き方改革」に資する商品等

4.現行は最大1,200万円の 贈与税非課税枠は最大3,000万円に拡大
(それ以外の住宅で700万円が2,500万円に上限額が引き上げ)

これら救済措置の恩恵を受けられるとしても、購入にかかる諸費用や引越代、新規に購入する家具・カーテン代も
10%になってしまいますので、2%の影響はかなり大きいのではないでしょうか?

“お得な支援制度をうまく使って、賢い住宅購入を”

※詳しくは弊社スタッフにご相談ください。

■すまい給付金について・・・◆国土交通省◆

■次世代住宅ポイントについて・・・◆次世代住宅ポイント事務局◆